タロット占い

タロット占いについて

タロット占いの歴史

カード

タロット占いが実在したのは、文献で確認できる限り17世紀になってからです。

しかし、今ほどポピュラーではなく、本格的に広がったのは19世紀からだと言われています。

とは言っても現代のように誰しもが気軽に楽しんでいたわけではなく、主に西洋魔術の一種として主に使用されてきました。

それより以前はタロットカードはゲームの一種として楽しまれており、今のような占いを目的として気軽に親しまれるようになったのは、ここ数十年のことです。

どれくらい先のことまで占える?

タロット占いはカードを使って過去や未来、現在の状況などを見ることができます。
未来
占い方やカードの配置、解釈の方法は占う人によってさまざまで、たとえ同じカードが出たとしても占う人によっては異なった解釈の結果が出ることがあります。

ただ単に一枚のカードの意味を解釈するのではなく、他のカードとの兼ね合いや相談者の状況などを踏まえて結果を判断するため、占うためにはある程度の知識と経験が求められます。

そんなタロット占いはカードを持っていれば、解釈の方法は別として、誰しもが簡単にチャレンジすることができます。

ですが、実はタロット占いは長期的なことを見るのには適していません。

占えるのはせいぜい数ヶ月先から半年先までと言われています。

タロット占いで占えることは、現在を基点としたことに限られるからです。

つまり、現在のこの状況から行くと、未来がこうなるという予測を立てることができるのがタロット占いです。

しかし、それより先の未来は絶対に占うことができないのかと言うと、決してそうではありません。

相談する人が希望するのであれば、たとえ一年以上先のことでも占うことが可能です。

ですがあまりに先の未来のことになると精度に欠けることは事実です。

未来はその人の行動によって日々変化するため、その人の現在の立場や状況が変われば、たとえ以前にタロット占いで未来のことを見てもらったとしても、そのときとはまた違った結果になることも大いにあり得ます。

これを良く解釈すると、たとえ悪い結果が出たとしてもこれからの自分の行動次第で占いの結果の未来を変えることができるということにも繋がります。

そのため、タロット占いで得た結果やアドバイスを生かしたいのであれば、信頼できる占い師に適度なスパンで見てもらうことがおすすめです。

そしてどうしても一年先のざっくりとした未来を知りたいときは、その未来にたどり着くためにはどうすれば良いかなどをアドバイスとして聞くと良いでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


占い師人気ランキング


おすすめ記事