占い師

占い師になるためには

資格は必要?占い師はどんな仕事?

タロット

占い師の仕事は、恋愛や仕事などに悩んでいる人を対象に占いを使って悩みを占ったり、悩んでいる人にアドバイスをすることです。

占い師になるためには特に資格は必要はありませんので、占いをしてお客さんからお金をもらった時点で占い師として成り立ちますが、占い師は何かに困っている人の悩みを聞く仕事になるので精神対話士の資格などメンタルケアに役立つ資格を持っているとお客さんから信頼されやすくなったり、集客アップにつながります。

プロの占い師になるために必要なこと

占い師の仕事は恋愛や夫婦関係、仕事などの将来的な悩みを持つ人の支えになることです。

そのため、思いやりがあり、悩む人の心に寄り添う優しさが必要になります。

悩んでいる人の立場になって考え、話を聞き、悩む人を良い方向へ導くのが仕事になります。

また、プロの占い師になるにはコミュニケーション能力も必要とされます。

そのため、人と話すことが好きな人には適した職業と言えます。

そのほか、プロの占い師になるには占いの知識と経験も必要になります。

占いにはたくさんの種類がありますが、その中でも手相、タロットはポピュラーな占いなので需要が高く、手相の見方やタロットカードの使い方、意味を知っておかなければなりません。

手相
プロの占い師になるには知識だけではなく、鑑定の経験を積むことも大事です。

人を占うためには、占いの練習としてまずは身近な人を占ったり、だんだん慣れてきたらSNSのサイトで無料で鑑定依頼を募集し、希望する人を占うのもよいでしょう。

プロの占い師になるには独学と占いスクールに通う方法があります。

どちらもメリットがありますが、占いスクールに通った方が就職しやすく、占いの基礎からしっかりと学ぶことができます。

独学の場合は、自分でタロットや手相の本を購入するなどして専門的な知識を覚えることになりますが、全て一人で覚える形になるため自由に勉強することができます。

プロの占い師として働く場合、対面形式で占い師を募集しているお店に面接に行ったり、あるいは電話を通じて鑑定を行っている会社に電話やインターネットから申し込む方法や、自分で資金を用意してお店を経営するという方法もあります。

対面や電話以外では占いのスキルを売り買いできるサイトに占いを出品するという方法もあります。

対面や電話と比べると金額は低くなることもありますが、自分で値段を設定し好きな時間に好きなだけ占いを出品できるメリットがあります。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


占い師人気ランキング


おすすめ記事